高城剛の記事一覧

1964年葛飾柴又生まれ。日大芸術学部在学中に「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。 著書に『ヤバいぜっ! デジタル日本』(集英社)、『「ひきこもり国家」日本』(宝島社)、『オーガニック革命』(集英社)、『私の名前は高城剛。住所不定、職業不明。』(マガジンハウス)などがある。 自身も数多くのメディアに登場し、NTT、パナソニック、プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。 総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。 2008年より、拠点を欧州へ移し活動。 現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。ファッションTVシニア・クリエイティブ・ディレクターも務めている。 最新刊は『時代を生きる力』(マガジンハウス)を発売。
記事一覧: 429件

世界情勢の大きな変わり目を感じる今年の終わり

今週は、タイの最北部チエンラーイ→チェンマイ→バンコク→東京→那覇→東京→ダラスと移動しています。師走は、一般的に普段は穏やかな僧侶=師も走るほど忙しい時期だと思われていますが、この漢字は当て字にすぎません。(2022.12.31)  続きを読む

一年のサイクルが循環して再びスタートする冬至を迎えて

今週は、バンコクにいます。先週滞在していた札幌と気温差が、およそ40度。時差ぼけより気温ボケのほうが堪えるもので、また、着込む服もまったく違うことから、どんなに重ね着して調整しても限界が生じます、と慌ただしく移動していると、ときたま人生がループしているような錯覚に陥ります。(2022.12.26)  続きを読む

数値化できる寒さと数値化することができない寒さ

今週は、札幌にいます。先週滞在していたベトナムとの気温差が、およそ40度。時差ぼけより気温ボケのほうが堪えるもので、また、着用する服もまったく違うことから、どんなに重ね着しても限界が生じます。(2022.12.19)  続きを読む

ベトナムが暗示する明日の世界絵図

今週は、ホーチミンにいます。およそ3年ぶりに訪れたベトナムは、様相が大きく異なっていました。コロナ政策の失敗と事実上のバブル崩壊と重なって、街にかつての活気がありません。(2022.12.12)  続きを読む

もし、輪廻転生があるならば

今週は、金沢にいます。長年懇意にしている医師が金沢にいらっしゃいまして、機会あることにお邪魔し、検査結果に基づきメンテナンスに励んでいます。(2022.12.05)  続きを読む

コロナ禍以前には戻らない生活様式と文化

今週も、東京にいます。明日から公開の映画「ガヨとカルマンテスの日々」の最終仕上げのため、かつて世界に輝いていた日本映画を支えた調布や成城を、日々、往復しています。調布はかつて「東洋のハリウッド」と呼ばれ、現在も映画・映像関連企業が集まっており、個人的にも馴染みの現像所や特機屋などが集まる産業集積地です。(2022.11.28)  続きを読む

ヒトの進化と食事の関係

今週も、東京にいます。晩秋に食事を変えてmTOR遺伝子の切り替えを行うと先週お伝えしましたが、今週は多くのご質問を頂戴していることもありまして、もう少し食事についてお話ししたいと思います。(2022.11.21)  続きを読む

遺伝子と食事の関係

今週も、東京にいます。毎年撮影シーズンが終わって東京に戻る晩秋に、食事を大きく変えてmTOR遺伝子の切り替えを行っています。mTOR遺伝子とは、細胞内シグナル伝達に関与するタンパク質キナーゼのことで、このmTORをスイッチングして、飢餓モードから蓄積モードへと徐々に切り替えます。(2022.11.14)  続きを読む

本来ハロウィーンが意味していた由来を考える

今週は、東京にいます。いまから1万2000年ほど前、北米に隕石が衝突しました。これが原因で温暖期だったベーリング/アレレード期が突如終わり、1000年間に渡る寒冷期ヤンガードリアス期がはじまります。当時、メキシコにあった村々は壊滅し、北欧の森林はツンドラへと変貌。大津波が世界中を襲い、地域によっては、ある日突然マイナス20度近く気温が下落し、大きな気候変動がおきました。この隕石が衝突した日が、今週10月31日です。(2022.11.07)  続きを読む

身近な日本の街並みが外国資本になっているかもしれない時代

今週は、東京にいます。毎年春から秋まで北半球を巡っていますが、今年の撮影シーズンもほぼ終わり、撮ってきた写真や動画の編集、そして来シーズンのための準備がはじまりました。都内を歩くと入国を緩和したこともあってインバウンド客が目立ち、秋葉原に出向けば円安を利用し爆買いする人が多く、言葉を聞く限りタイ人やインドネシア人もが増えているように感じています。この爆買いには、不動産も含まれます。(2022.10.31)  続きを読む
高城剛のメールマガジン
「高城未来研究所「Future Report」」

[料金(税込)] 880円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回配信(第1~4金曜日配信予定。12月,1月は3回になる可能性あり)

ページのトップへ