総ブラック社会はやっぱり回避しないといけないよね~~『人間迷路』のウラのウラ

なぜケータイ小説がダメになってしまったのか

井之上:これからメルマガを含めた活動で、具体的なご予定とかはありますか。

やまもと:まだ具体的に言えませんね。メルマガが面白いので『やまもと全書』みたいな感じで本にしてもらえませんか、みたいな話があったりします。ただ、僕としては、とにかく最低2年は続けてみないと分からないと思っているんです。だから、ちょっと長い時間お待たせてしてしまうかもしれないので、何かあればこちらからご連絡しますという形で返している。そういう打診が来るのも、メルマガが注目されればこそだと思うんですよね。

同じようなことはcakesさんにも言いました。メルマガと違う形で有料配信をする以上、同じことをやってもしょうがないので、インシデント系じゃない形ということをご相談して、小説を寄稿することにしたわけです。僕自身、意外に知られていないことかもしれないんですけど、文芸が大好きなんです。だから、ずっと書いてきたし、これからも書きたかったんですよ。ただ、ブログで文芸、というと変だなあと思っていたので、いい機会をいただいたと思っています。もう恥ずかしくて出せませんが、ケータイ小説時代にもいくつか作品を書いていたんですよね(笑)。反響はさっぱりでしたが。

井之上:ケータイ小説も書いていたんですね(笑)。それにしても、ケータイ小説は素晴らしいビジネスモデルだと考えていて、夜間飛行も参考にしているところが多いんです。どうして突然ダメになってしまったのだと思いますか。

やまもと:ケータイ小説のブームが途中で潰えてしまったのは、ケータイ小説界がバブルになって品質の低いものがたくさん溢れてしまったので、読み手の女の子たちが急激に飽きちゃったんだと思います。売れるための「定番」というものがあって、それを踏まえていれば売れるんですが、それがあっという間に消費されてしまった。レイプとか、彼氏の死とか、妊娠とかね。新しい定番も作りつつ、それ相応の品質を維持しながらコンパクトな業界を保っていれば、10年でも15年でも続いたと思うんですけど。

結局、今ウェブで起きていることというのは、そこからの変化なんですよ。「玉石混交でもとにかく情報が大量にあることがいいんだ」という価値観から、「きちんとピックアップされたものが読みやすく提示されていることがいいんだ」とだんだん変わってきた。

井之上:その変化はもうかなり進んでいるのでしょうか。

やまもと:ええ、それはもう完全に変わりきったと思っています。「チョイスされた情報の中からラベリングされたものを読みにいく」というのがルーチン化されていっている。僕のブログがどうして読まれているのかを丁寧に検証しようと思ったことが何回かあって、結局途中で挫折しているんですけれども、「僕の目からはこの事象はどう見えているかを知りたい人が読んでいる」というのが仮説として得られたんですよ。

そのうちのひとつが、炎上を解説する罵倒芸であったりする。みんな簡単に書けると思っているかもしれませんが、ノリでは書けないんですよ。きちんと炎上をきちんとリアルタイムで「見て」いないと、コンテクストが表現できない。結構、神経質に作らないといけなかったりするんですよね。いろいろ調べたりしなくてはいけないので、あれはあれで時間がかかっているんですよ。

結局、僕の文章はそういうひとつひとつのコンテンツに対して解釈し、「意味」を持たせるものなんですよ。もっと言えば、読み手の方は、世の中にたくさんあるコンテンツの「意味」を知りたいんだと思うんです。

今起きている事象を、どう受け止めたら、より快適で前向きに暮らしていけるのか、みたいなところを重点的に考えて編集すると、あのブログみたいな感じになる。まあ、ちょっと先鋭化はしているんですけど。

僕は僕で、こういうブログの書き方に行き詰まりを感じるところもあるんです。今のような罵倒芸を続けていれば、毎日20万PVは稼げるとしても、それが僕の本来書きたいことかといえば、当然そうではないわけです。外交や安全保障、仕事や投資に関すること、それからインターネット業界に関すること。そういうことについて、時間をかけて調べたいし、本当に書きたいのです。ただ、そういうネタで一定数の読者を獲得できているのかと言われるとできていないのが、残念ながら現実です。

1 2 3 4 5 6 7
やまもといちろう
個人投資家、作家。1973年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。サイバーインテリジェンス研究所統計技術主幹など歴任。IT技術関連のコンサルティングや知的財産権管理、コンテンツの企画・制作に携わる一方、高齢社会研究や時事問題の状況調査も。日経ビジネス、文春オンライン、みんなの介護、こどものミライなど多くの媒体に執筆し「ネットビジネスの終わり(Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など著書多数。

その他の記事

週刊金融日記 第270号 <小出恵介美人局事件とベイズ統計学 ~なぜナンパは最も安全な出会いなのか 他>(藤沢数希)
寂しい気持ちとの付き合い方(家入一真)
できるだけ若いうちに知っておいたほうがいい本当の「愛」の話(名越康文)
週刊金融日記 第283号 <ショート戦略を理解する、ダイモンCEOの発言でビットコイン暴落他>(藤沢数希)
花盛りとなるステマ関連が見せる地獄の釜の淵(やまもといちろう)
日本が観光立国になり得るかどうかの試金石はVIPサービスにあり(高城剛)
週刊金融日記 第315号【恋愛工学を学んだ者たちが世界中で活躍している、外交工学で金正恩がノーベル平和賞最有力候補へ他】(藤沢数希)
録音がそのままテキストに?!「Recoco」はライターの福音となるか(西田宗千佳)
沖縄の長寿県からの転落で考える日本の未来(高城剛)
『ぼくらの仮説が世界をつくる』書評ーかつて本には「飢え」を感じるような魅力があった(岩崎夏海)
追悼・鶴ひろみさん/再生の水の秘密を知る少女=ブルマとともに(武田梵声)
“美しい”は強い――本当に上達したい人のための卓球理論(下)(山中教子)
ぼくがキガシラペンギンに出会った場所(川端裕人)
「生涯未婚」の風潮は変わるか? 20代の行動変化を読む(やまもといちろう)
世界のクリエイターに愛されるノートの物語(ロバート・ハリス)
やまもといちろうのメールマガジン
「人間迷路」

[料金(税込)] 756円(税込)/ 月
[発行周期] 月4回前後+号外

ページのトップへ