【連載】元卓球世界王者の「上達の法則」

(1)上達し続ける人だけがもつ「謙虚さ」

「身体意識」を持つ

「絶え間ない上達」の道を歩む人が持つ謙虚さとは、「あの人のように打ちたい」「この技術を身に着けたい」と憧れ、素直にそこを目指していくということですよね。そのためにまず必要なことは、自分の身体の意識、すなわち「身体意識」を明確にすることです。

手、足、首、腰、頭、背筋、手の指先、足の指先……といった身体の部位のすみずみまで、できるかぎり意識を行き渡らせる。

どこに力が入っていて、どこの力が抜け、それぞれの身体の部位がどこにあって、どのように動いているかということを、全体として把握できるようにする。そうすることによって、自分の身体がどういう運動をしているかを謙虚に受け入れる。それが上達のスタートラインです。

これを読んでいる方も、少しその場で立って、自分の身体を確認してみてください。身体のすみずみまで、意識が行き届いていますか。身体の左右のバランスはよいですか? 背筋は伸びていますか?

自分の姿勢を、あたかももう一人の自分が眺めているように眺めてみることが「絶え間ない上達の道」のスタートラインです。

「相手のボールに合わせる」という謙虚さ

自分がやったことを謙虚に反省し、次につなげていくためには、まず自分が何をやったのかに「気づく」という段階が絶対に必要です。

つまり、「謙虚さ」のスタートは「気づく」ということなんです。

でも、「気づく」と言われても難しいですよね。あるいは自分では「謙虚にしよう、謙虚にしよう……」と思っていても、無意識のうちに思い上がっていたり、傲慢になってしまうことがあるのが人間です。

私 は、卓球というスポーツは本来、「謙虚さ」につながる気づきを得やすいスポーツだと思っています。というのも、いくら身体を鍛えてラケットを素早く振れる ようになっても、卓球は常に「相手のボール」を打たなければいけないからです。極端な話、「相手が1本打つ間にこちらは5本打つ」といったことはできない わけですね。

相手のボールに合わせることができなければ、良いプレーを行うことはできない。そういうスポーツなんです。

つまり卓球は、自分とは違った存在である「他人」を常に認め、受け止めなければ上達できないようにできているんだと、私は思うんです。

<次回に続く>

<関連記事>

(1)上達し続ける人だけがもつ「謙虚さ」
(2)「目標」から「目的」へ
(3)プレッシャーの受け止め方
(4)視野を広げる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[caption id="attachment_2776" align="alignleft" width="163"]DVD 軸・リズム・姿勢で必ず上達する 究極の卓球理論ARP DVD 軸・リズム・姿勢で必ず上達する 究極の卓球理論ARP[/caption]

2012年12月11日発売!

壁を越えたいすべての人に贈る
究極の卓球理論DVD

[DVD] 軸・リズム・姿勢で必ず上達する 究極の卓球理論ARP(アープ)

世界のトップ選手たちはなぜあれほど速く、激しいラリーの中でもバランスの取れた、美しい姿勢を崩さずにプレーを続けられるのか。全日本選手権を2度制し、世界選手権団体優勝に導いた名選手・山中教子がまとめた卓球理論=ARP(アープ)理論は、その秘密を軸・リズム・姿勢の三要素でひもとき、誰でも学べる形にまとめている。初心者からトップランカーまで、卓球に取り組むすべてのプレーヤー必携の究極の卓球理論!!

特設販売サイトはこちら!
http://arp.yakan-hiko.com/

1 2

その他の記事

セルフィーのためのスマホ、Wiko Viewから見えるもの(小寺信良)
週刊金融日記 第314号【簡単な身体動作で驚くほどマインドが改善する、日米首脳会談は福田財務事務次官「おっぱい触らせて」発言でかき消される他】(藤沢数希)
「日本版DBS」今国会での成立見送りと関連議論の踏み外し感の怖さ(やまもといちろう)
“今、見えているもの”が信じられなくなる話(本田雅一)
継続力を高める方法—飽き性のあなたが何かを長く続けるためにできること(名越康文)
悲しみの三波春夫(平川克美)
「高価格による高サービス」にすり替わってしまった「おもてなし」(高城剛)
あれ? これって完成されたウエアラブル/IoTじゃね? Parrot Zik 3(小寺信良)
αショック:オートフォーカスカメラの登場(高城剛)
リアルな経済効果を生んだ「けものフレンズ」、そして動物園のジレンマは続く(川端裕人)
ダイエットが必ず失敗する理由(名越康文)
タロット、ルノルマン……人はなぜ「カード占い」にはまるのか(鏡リュウジ)
『心がスーッと晴れ渡る「感覚の心理学」』著者インタビュー(名越康文)
ウェブフォントを広めたい・ふたたび(西田宗千佳)
川上量生さん、KADOKAWA社長時代に高橋治之さんへの資金注入ファインプレー(やまもといちろう)
【DVD】軸・リズム・姿勢で必ず上達する究極の卓球理論ARP
「今のままで上達できますか?」元世界選手権者が教える、新しい卓球理論!

ページのトップへ