甲野善紀
@shouseikan

甲野善紀メルマガ『風の先、風の跡』より

達成感の得られない仕事とどう向き合うか

やりがいや達成感を持ち得ない仕事が増えている

いつの間にか、周りは一面の青葉に包まれる季節となった。振り返ってみると桜が咲き始めた頃から今に至るまで、用件がたて込んで、その折々の木々の変化はもちろん知っていたのだが、以前のようにしみじみとそうした東北では春紅葉といわれている新緑の変化を楽しむゆとりもなかった事にあらためて気がつく。

忙しさはもう随分前から慢性的になってはいるが、今年は特にそれがキツイように思う。ただ、ありがたい事に、私の仕事は私が選んで自分からこの事に積極的に関わることが出来る仕事だから、やればやっただけの達成感もあるし、仕事としてやりがいもある。

しかし、現代という時代の非常に大きな問題は、仕事にやりがいや達成感を求められないものが増えてきているという事である。こういうと、「いや、どんな仕事でも心がけ次第でそれは生き甲斐になるのだ」というような事を主張される方もあるかもしれないが、そういう風に言えた時代は、まだ現代のようなおよそ生き甲斐を持ち得ない仕事がなかったからだと思う。

なぜこのような事を言うかというと、私は最近私の知人から聞いた、ある金融業界のシステムを維持している人の仕事内容の大変さを聞いたからである。

 

kono_jacket

 

2014年6月5日発売!

甲野善紀の最新DVD『甲野善紀 技と術理2014 内観からの展開』

kono.yakan-hiko.com/

1 2 3 4
甲野善紀
こうの・よしのり 1949年東京生まれ。武術研究家。武術を通じて「人間にとっての自然」を探求しようと、78年に松聲館道場を起こし、技と術理を研究。99年頃からは武術に限らず、さまざまなスポーツへの応用に成果を得る。介護や楽器演奏、教育などの分野からの関心も高い。著書『剣の精神誌』『古武術からの発想』、共著『身体から革命を起こす』など多数。

その他の記事

冬になるとうつっぽくなる人は今のうちに日光浴を!(若林理砂)
『「赤毛のアン」で英語づけ』(4) 大切な人への手紙は〝語感〟にこだわろう(茂木健一郎)
対人関係の9割は「自分の頭の中」で起きている(名越康文)
自分の身は自分で守る時代のサプリメント(高城剛)
コロラドで感じた大都市から文化が生まれる時代の終焉(高城剛)
『赤毛のアン』原書から、アイスクリームの話(茂木健一郎)
安倍昭恵女史と例の「愛国小学校」学校法人の件(やまもといちろう)
スマートウォッチとしての完成度が上がったApple Watch(本田雅一)
「昔ながらのタクシー」を避けて快適な旅を実現するためのコツ(高城剛)
地域マネージメントのセンスに左右される観光地の将来(高城剛)
日本は経済活動の自由がある北朝鮮(高城剛)
世界旅行の際にちょっと得する航空券の買い方(高城剛)
「人を2種類に分けるとすれば?」という質問に対する高城剛の答え(高城剛)
「銀の弾丸」も「必勝の奇策」も世の中にはない(やまもといちろう)
成功を目指すのではなく、「居場所」を作ろう(小山龍介)
甲野善紀のメールマガジン
「風の先、風の跡~ある武術研究者の日々の気づき」

[料金(税込)] 550円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)

ページのトップへ