の記事一覧

記事一覧: 1327件

宇野常寛が考える”社会と個人”を繋ぐ新しい回路とは

宇野常寛の新刊『静かなる革命のためのブループリント――この国の未来をつくる7つの対話』。この対談集に込めた意図と、そして宇野常寛がいまこの社会に対して抱く問題意識についてのインタビューをお届けします。(2014.06.25)  続きを読む

【第5話】オープン戦

いよいよオープン戦。プロ野球史上初の〝終身雇用球団〞連合ユニオンズは、下馬評を覆す快進撃を見せる。6月20日発売『「10年後失業」に備えるためにいま読んでおきたい話』より第5話を限定公開中!(2014.06.23)  続きを読む

【第4話】キャンプイン――静かな戦いの始まり

波乱の記者会見を終え、ペナントレース開幕まで4か月を切ったユニオンズに早くも暗雲が立ち込める!? プロ野球史上初の〝終身雇用球団〞連合ユニオンズへの出向を命じられた総務畑ひとすじのサラリーマン山田明男(45歳)に訪れた試練とは?(2014.06.20)  続きを読む

【第3話】見よ、あれがユニオンズの星だ!

波乱の記者会見を終え、ペナントレース開幕まで4か月を切ったユニオンズに早くも暗雲が立ち込める!? プロ野球史上初の〝終身雇用球団〞連合ユニオンズへの出向を命じられた総務畑ひとすじのサラリーマン山田明男(45歳)に訪れた試練とは?(2014.06.17)  続きを読む

【第2話】波乱の記者会見

ある日、「サラリーマンなんて言われたことやってれば楽勝だろ」が信条の山田明男に、とんでもないミッションが与えられてしまう。それは史上初の”終身雇用”プロ野球球団「連合ユニオンズ」への出向だった……!(2014.06.14)  続きを読む

【第1話】日本型雇用の未来は君の肩に……

ある日、「サラリーマンなんて言われたことやってれば楽勝だろ」が信条の山田明男に、とんでもないミッションが与えられてしまう。史上初の”終身雇用”プロ野球球団「連合ユニオンズ」への出向! 山田が見た終身雇用システムの光と影とは!?――衝撃のストーリーが教えてくれる、すべての働く人のための生き残り術!(2014.06.11)  続きを読む

「レゴとは、現実よりもリアルなブロックである」

言わずと知れたブロック玩具の代表格、レゴ。先日公開された映画「レゴ・ムービー」も記憶に新しいですが、しかし身近だからこそ、その魅力の本質について語られることはあまりありません。 そこで小さいときから熱心なレゴファンだという、カーデザイナーの根津孝太さんに、その魅力についてお聞きしました。おもちゃとしてのレゴだけに留まらず、その歴史から批評性、現実と虚構の繋ぎ方、そしてものづくりの未来まで、日本の未来を考える上で重要な想像力に迫ります。(2014.06.11)  続きを読む

過疎化する地方でタクシーが果たす使命

日本最大のタクシー会社「日本交通」社長の川鍋一朗。 アナクロに思われがちな「タクシー」というサービスに秘められた、 インターネット以降だからこそ活用可能なポテンシャルとは――!?(2014.06.05)  続きを読む

達成感の得られない仕事とどう向き合うか

一体そのシステムがどうなっているのか、どうすればどうなるか、という事は誰にも分からなくなっていて、とにかく最小限の事をして、システムの不具合が出る度にそこを何とか修正、機嫌をとりながらほぼ人力で運営しているとの事である。そうなると、そのシステムを見張って、それを直している人は、その仕事に対する情熱の持ちようがないようなのである。(2014.06.02)  続きを読む

「近頃の新入社員は主体性に欠ける」と感じる本当の理由

「近頃の若いものはうんぬんかんぬん……」というのはそれこそ古代からずっと続いてきた年長者の愚痴の定型句のようなものです。しかし、そうした若者の表面的な行動傾向を、「社会全体の病理の縮図」としてみる見方はときに有効だと思います。つまり、若い世代から主体性が失われているということが、実は日本全体が抱えている何らかの病理を示しているのではないか、ということです。(2014.04.08)  続きを読む

ページのトップへ