の記事一覧

記事一覧: 1178件

身近な人に耳の痛いアドバイスをするときには「世界一愛情深い家政婦」になろう

親切心からアドバイスをしようとしても、心のどこかに相手に対する「見下し」や「軽視」の気持ちが出てきてしまい、反感を持たれてしまったことはありませんか。実は「身近な人へのアドバイス」は心理学的には難易度の高い課題。身近な人に「上から目線」にならずにアドバイスをするコツ、伝授します!(2014.09.22)  続きを読む

正しい正しさの持ち方

「正しさ」には「正しい正しさ」と「誤った正しさ」があり、「誤った正しさ」を持ってしまうと、道を大きく踏み外すきっかけになる。では、どのようにすれば「正しい正しさ」を判断することができるのだろうか。(2014.09.19)  続きを読む

働かないのか? 働けないのか? 城繁幸×西田亮介特別対談(前編)

一度「仕事」を失ってしまうと、もう戻れない……。今の日本社会は、一度失敗してしまうと極度に再チャレンジしにくい仕組みになっている。『「10年後失業」に備えるために読んでおきたい話』の著者城繁幸氏と、『無業社会-働くことができない若者たちの未来』の著者西田亮介氏が、日本の「失業・無業」の厳しい実態と、社会的な対応策、そして、「私たちが今できること」を語り合った。(2014.09.18)  続きを読む

公開中映画『郊遊<ピクニック>』監督・蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)インタビュー 「俳優」「廃墟」「自由」を語る

2013年、長編10作目となる『効遊 Jiao You』で第70回ヴェネツィア国際映画祭審査員大賞と19年ぶりとなる金馬奨監督賞を受賞した台湾の映画監督、蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)のインタビューです!(2014.09.17)  続きを読む

人間にとって、いったい何が真実なのか

武術研究者・甲野善紀氏のメールマガジン「風の先、風の跡――ある武術研究者の日々の気づき」に届いた、若者からの一通のメールによって始まった、哲学と宗教、人生を考える往復書簡。メールマガジン読者の間で話題となった連載をプレタポルテで公開します。(2014.09.16)  続きを読む

トランスフォーマー:ロストエイジを生き延びた、日本ものづくりを継ぐ者 ――デザイナー・大西裕弥インタビュー

リアルなメカがロボットに変形する、という斬新なコンセプトを持ったタカラトミーの玩具、トランスフォーマー。2014年で30周年を迎える異例のロングセラーで、ハリウッドの映画第4作「トランスフォーマー・ロストエイジ」も公開されました。この世界中で大人気の日本発プロダクトは、果たしてどのように作られているのか。PLANETS編集部と宇野常寛は葛飾のタカラトミー本社を訪ね、新進気鋭のトランスフォーマーデザイナー、大西裕弥さんにお話を伺いました。大西さんのデザイナーとしての美学から、日本のものづくりの文化と思想が見えてきます。(2014.09.13)  続きを読む

それ「悲報」でもなんでもないから――化粧品はお肌に浸透しません!

化粧品の粒子は肌に浸透しない!? じゃあ化粧品って意味ないの? お肌を綺麗に保つために本当に必要なこと、教えます。(2014.09.12)  続きを読む

「正しく怒る」にはどうしたらいいか

勝つために必要な感性は、喜怒哀楽を取り戻すことによって育まれる。中でも「怒り」を取り戻すことが重要だ。感性が鈍っている人は、たいてい怒れなくなっているからだ。 では、我々が怒りを取り戻すためにはどうすればいいのだろうか?(2014.09.11)  続きを読む

『「赤毛のアン」で英語づけ』(4) 大切な人への手紙は〝語感〟にこだわろう

脳科学者の茂木健一郎さんが、『赤毛のアン』の原文から特に印象的なシーンを取り上げ、そこに現れる「英語フィーリング」を解説します。「英語脳」を鍛えたい人、必読!(2014.09.09)  続きを読む

YouTubeを始めて分かったチャンネル運営の5つのポイント

HIKAKINを始め、YouTubeだけで生計を立てる「YouTuber」たちが台頭して久しいが、多くのYouTubeチャンネル運営者は集客や収益化に苦しんでいる現実もある。『もしドラ』『部屋を活かせば人生が変わる』などのヒット作を連発する岩崎夏海氏が実際にYouTubeチャンネルを運営する中で感じたポイントとは?(2014.09.08)  続きを読む

ページのトップへ