の記事一覧

記事一覧: 1164件

ナショナリズムの現在ーー〈ネトウヨ〉化する日本と東アジアの未来

1998年、『戦争論』で一躍ブームを巻き起こした小林よしのりは、2014年現在の「ナショナリズム」や「ネトウヨ」をどう見ているのか? そして、2000年代半ば以降「ナショナリズム」を理論的に分析してきた哲学者・萱野稔人、『中国化する日本』でまったく新しい東アジア像を描いた日本史研究者・與那覇潤、草の根のナショナリズム運動の現場を歩き、「ネトウヨ」的心性の広がりを見てきたフリーライター・朴順梨は、果たして小林にどう応答するのか?(2014.08.12)  続きを読む

『「赤毛のアン」で英語づけ』(2) 何げないものへの〝感激力〟を育てよう

脳科学者の茂木健一郎さんが、『赤毛のアン』の原文から特に印象的なシーンを取り上げ、そこに現れる「英語フィーリング」を解説します。「英語脳」を鍛えたい人、必読! 第2回はブライト・リバー駅で出会ったアンとマシューが、馬車でグリーン・ゲイブルズに向かう途中の場面です!(2014.08.12)  続きを読む

英語圏のスピリチュアル・リーダー100

私たちは宗教とどうつきあっていけばいいのか。組織宗教や破壊的カルトが肥大した場合の危険はいうまでもありませんが、私たちは完全に「無宗教」や「非スピリチュアル」であることはできません。むしろそれに無自覚や無知であることによって、過度な影響を受けてしまうこともあるのです。(2014.08.11)  続きを読む

「自然な○○」という脅し–お産と子育てにまつわる選民意識について

「自然なお産」「自然な子育て」……ありとあらゆる「自然な○○」に違和感を覚えたことはありませんか? 「自然な○○」のメリットとリスク。そしてそもそもそれが「自然」なのかについて、鍼灸師の立場から考えてみました。(2014.08.08)  続きを読む

『STAND BY ME ドラえもん』は恋する時間を描いた映画

なぜなら『ドラえもん』というのは、とりたてて取り得のない人間が、最後の最後は自分自身を頼みにするしかなく、でもそうした現実にむき出しにさらされる前に、人には多くの手助けが必要だということを描いたドラマだと私は思っているからだ。(2014.08.07)  続きを読む

LINE傍受疑惑、韓国「国家情報院」の素顔

韓国の情報機関・国家情報院がLINEを傍受していたという報道が話題だ。LINE側は否定したものの、報道が事実であれば、約5000万人ともいわれる日本人ユーザーの通信が抜き取られていることになる。FACTAや日本のITセキュリティ専門家の一部は、「LINEはむしろ被害者」との見解を示しているが、その真実はどこにあるのか?(2014.08.06)  続きを読む

『「赤毛のアン」で英語づけ』(1) つらい現実を超える〝想像〟の力

脳科学者の茂木健一郎さんが、『赤毛のアン』の原文から特に印象的なシーンを取り上げ、そこに現れる「英語フィーリング」を解説します。「英語脳」を鍛えたい人、必読!(2014.08.06)  続きを読む

心のストッパーを外す方法

勝利するためには、心のストッパーを外さなければならない。 そのために必要なことは「自分を客観的に見る」ということ。「離見の見」である。 あなたという人間は、この世界においてはたくさんいる人間の一人に過ぎない。ワンノブゼムだ。吹けば飛ぶような存在である。それが、客観的に見たあなたの本当の姿だ。(2014.08.05)  続きを読む

「私、寝袋で寝ようかな」と奥さんが言った

フローリングの床に直接布団を敷くと結露してカビが生えちゃう。といっても狭い部屋にでかいベッドを置きたくない。そんなあなたに朗報。寝袋という手がありますよ!(2014.08.04)  続きを読む

シンクロニシティの起こし方

誰かのことを考えていたら、ばったりと会ってしまったことはありませんか? 知りたいな、と思っていた情報がたまたま手にした本にバッチリ載っていたことは? ユングはこのような不思議な現象を、「シンクロニシティ」と呼びました。今回は、「シンクロニシティ」についてのお話です!(2014.08.01)  続きを読む

ページのトップへ