名越康文
@nakoshiyasufumi

名越康文メルマガ『生きるための対話』より

部屋は「あなた」である――掃除をするか、旅に出るか

掃除をしたくなければ、旅に出よ

ただ、そうはいっても、整理整頓や掃除が嫌いな人が一念発起してこまめに片づけ、掃除するようになった、という話を僕は聞いたことがありません(笑)。どんな方法論もたいてい失敗する。なぜなら、人類の歴史上、「掃除」をするようになった時間は、思いのほか短いからです。

人間は定住することによって、自我が肥大し、「自分の部屋」という意識が生じ、その結果、掃除しなければならなくなった(笑)。僕はそう考えています。実際、移動を続ける狩猟採集民には、「掃除」という観念はないはずです。

もっといえば、動物は掃除をしませんよね。なぜ掃除をしないかといえば、彼らは「移動する」ということが「生きること」と直結しているからです。移動を続ける以上、動物は「掃除」をすることはありません。掃除というのは定住生活とセットになった行動様式なんです。

ですから、どうしてももし「掃除をせずに、心をリフレッシュしたい」と思うなら、旅に出るしかない。実際、移動することによって、自我は必ず、今よりも軽くなります。自我が軽くなれば、考える余地、直観が生じる余裕が生まれます。

もちろん、僕のように年がら年中旅をし続けているような特殊な生活(笑)を送ることは、多くの人にとって現実的ではないでしょう。でも、日々の「掃除」に疲れたら旅に出るのは、悪い方法ではないと思います。

自分の部屋を見つめる。旅に出る。

最近ちょっと煮詰まっているなと思う人は、一度試してみてください。
※本稿は名越康文メールマガジン「生きるための対話」2013年1月7日配信 vol.043「部屋は「あなた」である――掃除をするか、旅に出るか」を基に再構成したものです。

※名越康文メールマガジンでは、このようなショートコラムから「名越心理学の神髄」に踏み込む長編の論考、性格分類、読者からの質問に答えるメールカウンセリングまで、盛りだくさんの内容でお届けしています!

 

 

名越康文氏新刊(2013年9月発行)

『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』
著者: 名越康文

1575円(税込)

出版社:夜間飛行
単行本:四六判ソフトカバー 208ページ
ISBN-13:978-4-906790-04-3
発売日:2013/09/13
商品の寸法:127×188mm 厚さ=15.0mm

内容紹介

毎日が退屈で、何をやってもワクワクしない。
テレビを見ても、友達と話していても、どこかさびしさがぬぐえない。
自分の人生はどうせこんなものなのだろう――。
そんなさえない毎日を送るあなたに足りないのは「驚く力」。

現代人が失ってきた「驚く力」を取り戻すことによって、私たちは、自分の中に秘められた力、さらには世界の可能性に気づくことができる。それは一瞬で人生を変えてしまうかもしれない。

自分と世界との関係を根底からとらえ直し、さえない毎日から抜け出すヒントを与えてくれる、精神科医・名越康文の実践心理学!

『驚く力』取り扱い販売店一覧はこちら

http://yakan-hiko.com/book/odoroku_list.htm

送料無料のウェブショップはこちら

紀伊国屋ウェブストア

http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784906790043

honto

http://honto.jp/netstore/pd-book_25789353.html

1 2 3
名越康文
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、京都精華大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。 著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書、2010)、『毎日トクしている人の秘密』(PHP、2012)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院、2012)、『質問です。』(飛鳥新社、2013)、『驚く力 さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行、2013)などがある。 名越康文公式サイト「精神科医・名越康文の研究室」 http://nakoshiyasufumi.net/

その他の記事

ストレスを数値化して自分の健康パフォーマンスを見極める(高城剛)
インドのバンガロール成長の秘密は「地の利」にあり(高城剛)
寂しい気持ちとの付き合い方(家入一真)
AIの呪縛から解き放たれ、なにかに偶然出会う可能性を求めて(高城剛)
今そこにある「SNSの呪い」の危機(岩崎夏海)
キリシタン大名と牛肉を食する文化(高城剛)
本気のアマチュアカメラマンが選ぶ一眼レフの不思議(高城剛)
マイルドヤンキーが「多数派」になる世界(小寺信良)
圧力というものに関して(やまもといちろう)
大揉め都議選と「腐れ」小池百合子の明るい未来(やまもといちろう)
今年の冬は丹田トレーニングを取り入れました(高城剛)
『悲劇の誕生』ニーチェ著(茂木健一郎)
いじめ問題と「個人に最適化された学び」と学年主義(やまもといちろう)
「昔ながらのタクシー」を避けて快適な旅を実現するためのコツ(高城剛)
厚労省統計問題の発生理由が“プログラムのバグ”とされていることに感じる疑問(本田雅一)
名越康文のメールマガジン
「生きるための対話(dialogue)」

[料金(税込)] 550円(税込)/ 月
[発行周期] 月2回発行(第1,第3月曜日配信予定)
【DVD】軸・リズム・姿勢で必ず上達する究極の卓球理論ARP
「今のままで上達できますか?」元世界選手権者が教える、新しい卓球理論!

ページのトップへ